最低資本金について

株式会社設立の最低資本金について

株式会社設立をするときには資本金を準備しなければなりません。
かつては資本金に対する規制があって、最低資本金が定められていました。
その金額は、株式会社の場合には1,000万円で、有限会社の場合には300万円でした。

有限会社の制度が廃止され、その代わりに株式会社設立の条件が緩和されたり、合同会社の制度ができたりしましたが、このときに最低資本金も撤廃されました。
そのため、資本金があまり多くなくても株式会社設立ができるようになったのです。

法的には最低資本金の制度はありませんから、たとえば資本金が100円の株式会社設立をすることもできないわけではありません。
実際にそれをする人がいるかどうかは別として、法的にはそれが可能になったのです。
ですから、資本金として出資できるキャッシュがほとんどない人であっても、株式会社設立は可能になったと言えるでしょう。

しかしながら、あまりにも資本金が小さいと、取引に支障を来すこともありますから注意が必要です。
そもそも資本金というのは最初に集めることのできた資産を指すものなのですが、これが多ければ多いほど信用力は高くなると考えられます。
逆にあまりにも少ないと信用できない会社だと思われてしまうこともあるでしょう。

そのために、取引をしてくれなくなることもあります。
たとえば、銀行口座を開設できなくなると言ったこともあるのです。
また、認可の必要な業種の場合には、資本金の金額に基準がある場合もあります。
ですから、認可の必要な場合には最低資本金があると考えておいた方が良いです。
このようなことを考えれば、やはりある程度の資本金は必要で、できる限り多く準備しておいた方が良いです。

では、具体的にはどれくらいの資本金があると良いのでしょうか。
一般的な企業の場合、資本金は運転資金になりますから、3ヶ月分の運転資金は準備しておいた方が良いと考えられます。
それとともに、かつての有限会社の資本金くらいは準備しておいた方が良いでしょう。
ですから、300万円くらいが目安だと考えられます。
お金がなくてもう少し安くしたいという場合であっても、100万円くらいはあったほうが良いでしょう。
キャッシュで用意できない場合には現物出資という方法もあります。

たとえば不動産を出資することによって資本金を大きくできますから、キャッシュのない人にとっては、この方法で資本金を増やすのは良い方法だと言えるでしょう。